様々な種類が増えている猫用ベッドのポイント

愛猫がゆっくりと体を休められる猫用ベッド

あなたの猫ちゃんはどこで寝ていますか?お布団で一緒に寝たり、ソファーで寝てたり、はたまた床に大の字になって寝ていたり。いろんな所で好き勝手に寝る猫ですが、そんなかわいい愛猫にもっとよりよい寝床を提供してあげたくなりませんか?
猫のための寝床といえばやはり猫用ベッドなのですが、最近面白い形のものや実用性を兼ね備えたものまで実にいろいろな種類の猫用ベッドが発売されています。どんなものかといいますと、普通に人間が包まって寝るようなお布団、ベッドタイプのものから、インテリアに馴染むオシャレなバスケットタイプ、ソファー型、「猫ちぐら」と呼ばれる爪とぎもできる型のものまで実に多種多様です。
最近の猫用ベッドはオシャレな木枠でできた猫グッズでお部屋のアクセントにもなりますし、そこで寝る猫はとてもかわいらしく、ついつい写真にとってしまいたくなります。キャットタワーに猫ベッドが備えられていると嬉しそうに駆け上って、満足そうにお部屋の一番高いところで寝てくれます。ふわふわの自分専用のベッドに包まれて寝る猫は、なんだかとても幸せそうです。そんな愛猫に快適な睡眠と、私たち人に癒しを与えてくれる猫用ベッドは必須といっても過言ではないでしょう。

良い猫用ベッドのポイント

みなさんは猫を飼っていますか?家の中で飼っている場合、猫はよく猫用ベッドを利用していると思います。しかし猫も居心地が良くなければ猫用ベッドを利用しないと思います。では良い猫用ベッドとはどのようなものかを見ていきたいと思います。
まずは素材です。素材は冬は暖かさを感じ、夏は涼しさを感じることができる素材を選びましょう。次に形状です。冬の場合は暖かさが逃げないような形状をしたものを選びましょう。夏の場合は風通しの良い涼しさを感じれる形状のものを選びましょう。冬の場合、もふもふとした柔らかい生地のものを選びましょう。形状は、屋根が付いているドーム型がオススメです。夏の場合は、ラタンという素材で作られたものがオススメです。風通しが良い素材となっています。ラタンの場合は爪研ぎをしてしまう猫がいるので注意しましょう。夏の場合は、触れると涼しさを感じる接触冷感素材などもオススメです。
このように夏と冬で使い分けていく必要があります。どちらにせよ猫が居心地の良さを感じる猫用ベッドを選ぶようにしましょう。猫用ベッドのポイントをしっかりおさえて購入を検討するようにしましょう。