使ってくれる猫用ベッドの選び方

使ってくれる?猫が好きなベッドとは?

猫を迎え入れるときに用意したいグッズの一つがベッドです。ペット用品を扱うお店には様々なデザインの猫用ベッドが置いてあります。「猫が喜んで使ってくれるものを」と探すと思いますが、どういったものが好みなのでしょう。
猫が好きなベッドはいくつか条件があります。まず素材の柔らかさです。フリースやクッション性のあるものが人気となっています。次に適度な狭さです。広い方がくつろげると思うかもしれませんが、猫は暗くて狭いところが好きです。猫が丸くなった時のサイズがちょうどいいでしょう。
また猫用ベッドに飼い主側の条件も入れておくと管理しやすいです。それは洗濯がしやすいかということです。ただ一般的な猫用ベッドは型崩れや乾きにくさなどが問題ですが、ひざ掛けやバスタオルなどで代用することでお手入れのしやすさをクリアすることができます。丸めて形作ることもできますが、猫が自分でもぐったり形を整えたりすることもできます。
色々なベッドがありますが、猫のために用意したのに使ってくれないこともあります。その時の気温などから、快適に体を休める場所で寝るからです。もちろん飼い主と一緒に寝る猫もいます。猫がどのベッドが好きなのかは、用意してみないと分からないことが多いのです。

インテリアにも猫にも合う猫ベッドは?

猫は室内での飼育がほとんどです。室内で生活をするにあたって、猫用品とインテリアはきちんとしておきたいことだと思います。猫用品では主に消耗品が多くなりますが、猫用ベッドなどグッズもあります。猫ベッドはデザインも豊富なので、部屋のインテリアに合ったものが見つけやすいです。
猫用ベッドは布で作られたものが多いですが、ラタンで作られたものもあります。編み込んで作られていて、風通しが良いので夏も快適です。しっかりとした作りなので、2段タイプもあります。1段目に隠れたり、2段目でくつろいだり猫が好きなように使うことができるのがポイントです。お手入れのしやすさを考えると、布タイプは洗濯ができます。中には洗濯ができないと表示されている猫用ベッドもあり注意が必要です。
猫用ベッドは通常は1匹で使用する大きさですが、仲良しの猫たちには大きめのベッドが良いでしょう。多頭飼いで寒いときは仲間とくっついて猫団子を作ることがあります。
猫もその時の気分や、形の好みがあります。ふにゃふにゃとした素材で敷いて使ったり、中にもぐって使ったり、袋状ですが色々な形に変形できるベッドも人気です。愛猫がどのベッドが好みなのかわからないときは、まず買ってみるのが良いでしょう。種類はとても豊富なので、インテリアに合ったものも見つかると思います。